会社設立の際の必要書類

投稿日:

大阪で会社設立を考えている方はまず必要書類はどんなものがあるか把握しておかなければなりません。
会社設立の際の必要書類は個人事業主のときと比べてかなり多くなりますので、どこでどんな書類が必要になるのかきちんと調べておきましょう。
ここでは簡単にではありますが、会社設立に必要になる書類を紹介したいと思います。

まず最初に会社設立手続きで重要なポイントとなる定款の作成・認証ですが、これは公証役場へ提出することになります。
公証役場へ行くときには定款を3通、発起人全員の印鑑証明書、公証人手数料の50,000円+手数料、発起人で公証役場に行かない人がいる場合はその人の委任状、代理人が行く場合はその人の印鑑証明書、定款を紙で作成する場合は収入印紙代40,000円、発起人あるいは代理人の印鑑となります。
これはいずれかひとつでも忘れてしまうと手続きができませんので注意してください。

公証役場での手続きが終わったら資本金の払い込みを行い、次は登記書類を作成し、法務局へ登記申請に行きます。
法務局へ登記申請に行くときの必要書類は登記申請書、登記事項を記載したCD-Rなど、法務局提出用に用意した定款、代表取締役の印鑑証明書、資本金の払い込み証明書、資本金の額の計上に関する証明書、印鑑届書、会社の実印となります。
これらは必須の書類となりますが、場合によっては必要になる書類もあって、たとえば発起人以外の人が役員になっている場合はその人の就任承諾書が必要ですし、取締役会を設置していない場合は取締役・監査役の印鑑証明書も用意しなければなりません。
さらに取締役会を設置せずに本店の所在地や代表取締役が決められておらず定款に記されていない場合は発起人会議事録を提出する必要があります。

このほかにも状況や事業内容によって必要になるものもありますので、必ず調べて必要書類を用意しておきましょう。
この点は詳しい専門家に相談しながら進めるのもひとつの手段です。