法人の種類

投稿日:

会社設立にあたって、知っておかなければならないことはいくつかありますが、そのひとつに法人の種類があげられます。
会社設立するということは法人化するということですから、自分の会社がどんな形態の法人になるのか把握しておかなければなりません。

現在、法人の種類は株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4つがありますが、事実上株式会社と合同会社の2つの選択肢のみとなっています。
合名会社と合資会社はやや特殊で、個人事業主の集まりのような形態のため、個人事業主からわざわざ変更するメリットもあまりありませんし、身内間で設立する以外はほとんど前例がありません。
したがってここでは株式会社と合同会社について説明していきたいと思います。

まず株式会社の特徴は何と言っても株式を発行できる点にあり、これを公開することによって投資家や一般の人でも購入することができます。
株を買って貰えればそれが運営資金にもなりますし、儲けがさらに出てくれば事業の拡大も見込めます。
その際に儲かった分のいくらかは株を買ってくれた株主に配当金という形で還元されます。
また、会社のスタイルとしては代表取締役や取締役、監査役といった役員を中心に専務や部長、課長、係長、社員とピラミッド型にそれぞれ役割が決まっており、基本的に役員の方針に応じて仕事を進めて行くことになります。

一方合同会社は株式会社とは違って、社員全員が有限責任社員であり出資者となりますから、リーダーを先頭に走っていくスタイルではなく、みんなが平等なポジションで運営していくのが特徴です。
たとえば特別な場所へ出向くときは全員で行くわけにもいかないので代表社員を決めますが、代表社員だからと言って特別な権限が与えられるわけではありませんし、発言権がほかの社員より上になるわけでもありません。
あくまでもみんなの代表という立ち位置は変わらず、お互いが尊重し合って働ける環境がメリットと言えるでしょう。