融資を受けたい

投稿日:

大阪で会社設立を検討している人の中には、資金調達の一環として融資を受けられるところを探している人もいるでしょう。
融資を受けるメリットはまとまったお金を早く用意できる点にあり、少ない事業資金の足しにすることで、より事業計画を思い通りに進められるところにあります。

融資を受けるというと、まずは銀行などの金融機関が選択肢になりますが、この場合どのような流れで手続きをするのでしょうか?
まず必要になるのが会社の概要が分かる案内書などの書類、会社の商業登記簿謄本、過去3期分の税務署受付印のある決算書、借入申込書、事業計画書です。
これらはあくまでも一般的なものであり、各金融機関によって違う場合もありますから、必ず融資を希望する金融機関へ確認してください。
受付が終わったら審査が行われ、その結果特に問題がなければ融資が決定となります。
融資が決まれば指定の銀行口座へお金が振り込まれますので、それ以降は事業資金として使うことができます。

また、最近注目されているのが日本政策金融金庫が融資する創業融資というもので、これは国からの融資になります。
創業融資のメリットは比較的借りやすいところで、新規事業を立ち上げる人には積極的に融資する傾向があります。
また最大で3,000万円までなら無利子無担保で融資しており、連帯保証人も必要ないので申請がしやすいと思います。
さらに融資までのスピードも速く、申し込みから審査終了、振り込みまでだいたい1か月程度なので事業を計画通り進めることができます。
ただ金利はやや高めに設定されており、返済が滞ってしまうとかえって大きな負担になる可能性があります。

これは銀行から融資を受けるときでも同じですが、融資を受けるということは返済義務が生じるということですから、必ず返済計画を立てて返せる目途を立ててから申し込みをしましょう。
そうでなければ自分の首を絞めてしまいますし、事業も失敗する可能性が高くなります。