専門家へ相談したい

投稿日:

大阪で会社設立を考えている方の中には事前に専門家へ相談したいと思っている方も多いと思います。
そこでここではどの悩みをどの専門家へ相談すればいいのか紹介していきますので参考にしてください。

まずはじめに会社設立にあたって、もっとも多く出る悩みはおそらく税金関連ではないでしょうか?
法人化すると法人税や法人住民税など法人にしかかからない税金も出てきますし、消費税の免除や、年末調整、確定申告などお金の悩みは尽きません。
そんなときに相談するのは税理士で、税理士は税金のエキスパートですから、会社のお金の悩みについてしっかりアドバイスしてくれます。
税理士は法人と非常に密接した関係にある専門家なので、会社設立と同時に顧問契約することをおすすめします。

次に会社設立に必要な書類作成についての相談は行政書士か司法書士がおすすめで、この2つの専門家はこういった書類作成するのを専門にしています。
特に司法書士は定款の作成だけでなく登記書類の作成や法務局への申請代行までできるため、会社設立の際には大きく役立ちます。
行政書士は許認可申請のときに役立つことが多いので、そういった手続きが必要な場合におすすめです。

また、法人化するとともに考えなければならないのが社会保険ですが、これは社会保険労務士へ相談するのがいいでしょう。
社会保険労務士はその名の通り社会保険に関するエキスパートで、税理士の資格と一緒に持っている人も多いです。
一番良いのはどちらの資格も持っている人に相談することで、そうすれば手間も省けます。

さらに万が一トラブルが起こってしまったときのことを想定して、法律的なことを弁護士に相談する経営者もいます。
弁護士も会社と密接した関係にある専門家のひとつで顧問契約するケースが多々あります。

このように悩みによって相談する相手が変わりますから、各専門家の特徴をよく把握しておきましょう。
相談するときには信頼できる人にするようにしてください。