会社設立を自分でしたい

投稿日:

大阪で起業した人の中には、自分で会社設立手続きをやったという人もいますが、自分で手続きをするためにはどんなことが大切になるでしょうか?
まず一般的に自分で手続きをやるメリットとして考えられているのが「自分の会社だから自分で手続きをしたい」「できるだけコストを抑えたい」といったことだと思います。

ひとつめの「自分の会社だから自分で手続きをしたい」という部分はある程度経営者の信念が入っているので、コストがいくらかかっても良いと考えているでしょうが、「できるだけコストを抑えたい」というのは必ずしもそうなるとは限りません。
そもそも会社設立手続きを自分でやればコストがかからないというのは専門家や会社設立業者に依頼しないからその料金がかからないという考えから来ているのでしょうが、実は自分だけで手続きをしたほうがかえってコストがかかるケースが多いです。

なぜなら、会社設立手続きには定款の作成が必要になり、これは紙で作成するか電子定款にするかでコストが変わります。
紙で作成する場合収入印紙代が40,000円かかりますが、電子定款にすると0円になり、これだけで40,000円のコストカットが実現します。
しかし電子定款を作成するためには専用のソフトがおよそ35,000円程度かかりますし、その他使用するものを含めると40,000円を超えてしまいますから、いずれにしもコストはかかってしまうのです。
ここを専門家や会社設立代行業者に任せれば数千円から数万円程度で済みますので逆にコストダウンすることが可能なのです。

もし自分で手続きをしたいのであれば、もともと法律の知識があったり手続きに興味があることが前提で、それ以外の人は専門家や会社設立代行業者へ依頼することをおすすめします。
また専門家や会社設立代行業者へ依頼したほうがスピーディに手続きを進められますし、その時間を事業のほうへ使えますのでより有意義な時間になるはずです。