会社設立にかかるコスト

投稿日:

これから会社設立を考えている方の多くは、どこにどれだけお金がかかるのか情報収集していると思います。
会社設立は個人事業主のときと違って、手続きも多く一連の流れに沿って進めなければなりませんし、お金もかかります。
また、会社形態の種類によってかかるコストは変わってきますので注意が必要です。
一般的に会社設立と言うと、選択肢は株式会社か合同会社のどちらかになりますから両方にかかるコストを比較してみましょう。

まず株式会社の場合、公証人手数料が50,000円、収入印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円かかり、ここに謄本手数料約2,000円や印鑑証明代などを加えると最低でも250,000円程度は必要になります。
一方合同会社の場合、定款の認証の必要がないので公証人手数料は0円、収入印紙代が40,000円、登録免許税が60,000円、ここに印鑑証明代などを加えてだいたい最低100,000円程度になります。
そして定款を電子定款にすると収入印紙代が0円になりますので、株式会社は210,000円程度、合同会社は60,000程度で設立できます。
このように株式会社と合同会社の設立費用は金額がかなり異なるので覚えておきましょう。
基本的に公証人手数料や謄本手数料がかかるのが株式会社で、かからないのが合同会社、登録免許税が高い方が株式会社と考えれば覚えやすいと思います。

また、電子定款はお得というイメージを持つ方もいると思いますが、電子定款を自分で作成するとなると専用のソフトを導入しなければならなかったり専門的な知識も必要になるので40,000円以上のコストがかかることもめずらしくありません。
したがって、電子定款で作成するなら行政書士や司法書士、あるいは会社設立代行業者に依頼して作成してもらったほうが安くなります。
会社設立にかかるコストは手数料や依頼料で大きく変わるので、その点をしっかりチェックしてください。